もはや「アニサキス・クリニック」??

2017年5月にアニサキスという寄生虫のニュースがテレビで流れ、私も「アニサキス専門家」として、あちこちのテレビに出演しました。
その効果があって、最近は毎週のように「アニサキス症にかかったのでは?」という方がクリニックを訪れます。

これまでは、年間5-6人だった患者数が、2018年は何と、1年間で47名、62隻!
(アニサキスは〇匹ではなく、〇隻と数える。まぁ、現場では○匹と数えていますが…)
毎週1名、アニサキスが見つかっている計算です。
(この数字は「内視鏡で摘除」した件数。)

一人で4隻の方が2名、3隻の方が2名でした。
1隻取ったからと安心してはいけないのです。

アニサキスがあまりにも多く見つかるので、
「いっそのこと、『アニサキス・クリニック』に改称したら?」
と知り合いの先生に笑われました。

「胃アニサキス症」は意外と多い

もともと「アニサキス騒動」の発端は、
「全国で年間6件の報告数が、2016年に、20倍以上の124件に増加した!」
というものでした。
いや、全国で6件たって、うちだけで6件いるよ!という話だったのです。
要するに「届け出」が徹底してないということ。
「食中毒」ではないし、流行しないので、保健所としても重視していなかったんですね。

テレビ朝日『羽鳥慎一のモーニングショー』でご一緒した感染症研究所の杉山広先生は、
この道のスペシャリストですが、彼が医療機関の保険請求書を用いて調べた予想数は「年間8000件」でした。
ただ、アニサキスの件数はもっと多いはず。
なぜなら、アニサキスはヒトの胃の中では3-4日で死んでしまい、流れてしまうからです。

だから一般の病院では、アニサキスがなかなか見つからない。
「お腹が痛い!」と言って来院したとき、
「じゃ、今すぐ内視鏡をしましょう!」と言えないからです。
たいていの病院では、
「内視鏡検査は3-4週間後の予約です」
となってしまう。これでは見つかりません。

早めの対処がとても大切

私たちのクリニックでは、
「昨夜、寿司(刺身)を食べたら、夜中から腹痛と吐き気がひどくなった」
という電話を受けた場合、
「じゃ、今すぐ来てください。今日中に内視鏡検査をしましょう!」
となる。
この違いが大きいわけですね。

ちなみに「胃アニサキス症」では、前日の夜8-9時ころ寿司や刺身(日本近海の
160種類余りの魚や貝にアニサキスがいます)を食べ、夜中の2-3時ころ、激しい痛みと吐き気が出て眠れなくなります。
その日のうち、遅くても翌日に内視鏡検査を受ければ、アニサキスを摘除できるのです。

痛みが起きるのは、アニサキスが噛みつくのではなく、苦しがって胃の粘膜下に突き刺さって「皮下注射」の状態になるからです。
「アニサキス・アレルギー」が起きて、胃の粘膜が「じんましん」のように腫れ上がるその刺激で激しい痛みと吐き気が起きるのです。
だから、アニサキスの虫を取り出した後も、痛みが残ることがあります。
胃薬とあわせてアレルギーのお薬を出しているのはそのためです。

「胃アニサキス症」は、皆さんが想像しているより「ありふれた病気」です。
「もしかして?」と思ったら、いつでもお気軽に電話してください。
早めの対処がとても大切だからです。

アニサキス摘除の料金について

アニサキスを内視鏡で摘除すると、「日帰り手術」の扱いになります。
3割負担の方で、1万6-7千円の窓口負担になりますが、生命保険や共済組合の医療保険に入っていると、一部のお金が戻ってきます。
自己申告制ですので、ご加入の生命保険、あるいは共済組合にお問い合わせください。

大腸に関するご質問と回答


・最近、大腸についての関心が高まっています。

5月28日、TBSテレビ『名医のザ太鼓判!』で当院の内視鏡が紹介されたのも、このような流れの中での出来事でした。
私(梅谷)も大腸について、いくつかのご質問に答えましたが、さらに追加でお答えします。

質問 腸が長いと便秘になりやすいのですか?

回答
大腸が長い人が必ずしも便秘になる わけではありません。
腸管の「蠕動(ぜんどう)運動」や「下垂(いわゆる『下がり腸』」、「ねじれ」などが関係します。

質問 日本人は腸が長いから便秘になりやすい?

回答
2013年の内視鏡学会の国際比較研究で、 欧米人と日本人の大腸の長さには差がないことが証明されています。
日本人が便秘になりやすいとしたら、腸管の「下がり」や「ねじれ」が関係しているといわれます。
長年の画像の研究ででそのことを証明したのが、 久里浜医療センターの水上健先生です。

「ねじれ腸」などの説明はこちらをクリックしてご覧になるとよいでしょう。

質問 腸の「下垂」や「ねじれ」は内視鏡でわかる?

回答
すべてではありませんが、かなりの程度わかります。
当院の検査で、盲腸までの到達時間は3分程度ですが、3%程度の方は10分以上かかります。
このような方では、腸がねじれていることが多く、きちんと前処置をしても残便が多くて検査が難しいのです。

また、横に走る「横行結腸」が長くて下がっていると、内視鏡を押し上げるようにしないと進まなくなります。
このような所見を見れば、「下垂」や「ねじれ」があると推測することができるのです。

質問 どうして腸はねじれやすくなるの?

回答
腸管がねじれる理由の一つに、先天的な腸管回転異常」の関与が想定されています。

お母さんのお腹の中で、腸管がグルグル回りながら作られますが、うまく回転できないと「ねじれ」ができるのではないかと考えられているのです。
小さいころから便秘をしたり、お腹をこわしやすい方には、このタイプが多いと推測されるのです。

質問 ねじれた腸をまっすぐにすることはできる?

回答
ねじれ腸がひどいと多量の下剤でも効かないことも多く、食事や温罨法(お腹を温める)、運動する、マッサージするなどの方法を併用することが勧められます。

「ねじれ腸マッサージ」については、上記の水上健先生の方法を参照してみてください。

基本は、
①立ったまま体を大きく左右にゆする(1分)、
②横になって、お腹の左上から左下にマッサージ(1分)、
③おへその周りから恥骨に向けてマッサージ(1分)、
④今度は下腹部からおへそに向けてマッサージ(1分)。

これを、朝起き抜けと夜寝る前に繰り返すのです。
左側の横行結腸~下行結腸~S状結腸がねじれやすいので、「お腹の左側」をメインにマッサージするのがコツですね。

質問 便秘対策として有効な方法は他にありますか?

回答
それぞれの腸の特徴をよく調べたうえで、それに合った方法を試していくのがよいでしょう。
腸管は「腹腔」に収まっているので、周りの壁にあたる、横隔膜、腹直筋、腹横筋、腹斜筋、腸腰筋群などを鍛えておくのもよいでしょう。
姿勢を正し、呼吸を整え、お腹に手を当てて温める。きつくない程度の筋トレやウォーキングもお勧めです。

番組では音無美紀子さんの「フラフープ」が紹介されており、小倉優子さんも影響されて始めたようですね。
まわりの壁をしっかり固めたうえで、腸管の「下がり」や「ねじれ」を取る体操やマッサージを試してください。

質問 排便時の姿勢も大切とされているようですが?

回答
いわゆる「考える人」ポーズですね。

和式トイレの方が排便しやすい方も多いと思います。
洋式だと、直腸を支えている「恥骨直腸筋」が働き、直腸と肛門の角度がきつくなって便が出にくいのです。

洋式トイレでも、足を少し上げたり曲げたりして、体を前に倒し、両肘で体を支えるようにすると排便しやすくなります。試してみてください。

・最近は「腸内細菌叢(フローラ)」の話題が盛り上がり、大腸の大切さに気が付く方も増えています。

腸は「第二の脳」と呼ばれ、毎日の生活にとても大切な役割を担っています。
どうぞ「胃」も「腸」も、大切にしてあげてくだい。

ピロリ菌の検査が突然「陽性」に!どうして?

■ピロリ菌の相談が急に増えたのは?

最近、数名の方から、健診結果についてご相談を受けました。

「昨年までピロリ菌の検査はずっと陰性(-)で『異常なし』でした。
ところが今年の検査で突然「陽性(+)」といわれ、『要治療』の判定になりました。どうしてでしょう?」
という内容です。

今年に入って、このような相談が急に増えました。
いったいどうしてなのでしょう?

■抗体価の数字をよく見てみよう。

実際にその方たちの数値(血清ピロリ菌抗体価)を見せてもらいました。

・Aさんは、昨年が4で(-)。今年は4.9で(+)。
・Bさんは、昨年が8で(-)。今年は6.5なのに(+)です。
・Cさんは、昨年が5で(-)。今年は5.0で同じ数値なのに(+)でした。

「正常値」の項目を見てみましょう。

昨年は正常値が10未満、今年は正常値が3未満になっていますね。
実は、ここが大きなポイントになっているわけです。

■2017年から、ピロリ菌の「正常値」は大きく変わった。

これはピロリ菌に関する研究が進んだ「成果」です。

ピロリ菌は小児期に水や食べ物から感染し、胃炎や胃潰瘍、胃がんを作り出すのだとされています。
感染力が強いため、ずっと胃内にとどまって、自然に治ることはほとんどないとされてきたのです。
しかし近年、多くの方へのピロリ菌の検査や治療成績から、新たな結果が得られるようになりました。

図1をご覧ください。

抗体価が3未満の時は、ほとんどが「未感染」か「過去感染」です。つまり現在、胃の中にピロリ菌はいません。
抗体価が10以上では、94.5%の方が「現感染」。だから「除菌治療」の対象になるのです。

しかし「3以上10未満」はどうでしょう。

「過去感染」が8割近く。でも「現感染」が1割近いのです。
これでは、安心して「ピロリ菌はいない」と言えません。
だから「抗体価3以上は(+)にして、さらに詳しく調べる」という判定になったのです。

これは2017年から実施されています。
図2は「従来」の基準と「改定後」の変化を示したものです。

これで「今年の健診で、突然『ピロリ菌陽性』と言われた」理由がわかったと思います。

■いったいどうすればいいの?

では新しい基準にそって、どのような対応をすればよいでしょう。
抗体価の数値別にご説明します。

(1)抗体価が10以上の場合:

「現感染」の可能性が高いので、これまで通り、「内視鏡」を受けて「慢性胃炎」があれば治療を受けましょう。
「本当にいるかどうか心配」という方は、別の検査、「尿素呼気試験」などで確認するとよいでしょう。

(2)抗体価が3から9.9までの方:

「過去の感染」の可能性が高いのですが、ピロリ菌がまだいる可能性も捨てきれません。
まずは他の方法、「尿素呼気試験」などで確認しましょう。
ピロリ菌がいるという判定が出れば、内視鏡~治療を受けます。

二番目の方法でも陰性であれば、様子見(経過観察)でよく、心配なら内視鏡で「胃炎」がひどくないか調べると安心です。

(3)抗体価が3未満の場合:

まず、ピロリ菌はいないと考えてよいでしょう。
胃がんのリスクはかなり低い状態です。
それでも、バリウムの検査や内視鏡を一度は受けておいてください。
ピロリ菌のいない胃から胃がんが見つかるケースもあるからです。

■ピロリ菌の「自然除菌」は意外と多い?

図1を見ると、これまで考えられてきた以上に、「過去感染」が多いことに気がつきます。
つまり「知らないうちにピロリ菌がいなくなった」という人は、意外に多いことがわかってきたのです。
おそらく、風邪などで抗生剤を飲んだ結果であったり、自分の免疫力で自然に除菌を行ってきた結果なのでしょう。

これまで、ABC検診でピロリ菌(-)かつペプシノゲン法(+)の場合は、「D判定」とされ、「ピロリ菌がいないのに胃炎が強い」つまり
⇒「ピロリ菌が住めないほど胃炎がひどくなった状態」
だと言われてきました。確かに胃がんの発生も多い状態です。

しかし、同じパターンでも「ピロリ菌を自然に除菌して、軽い胃炎が残っている状態」なのかもしれません。
「D判定」だからと深刻に落ち込まずに、もう少しよく調べてみると、案外大丈夫なのかもしれませんね。

■「前にピロリ菌陰性と言われた」は要注意!!

むしろ注意してほしいのは、「前に『ピロリ菌はいない』と言われた」という方たちです。
きちんと抗体価を測っていれば、それをもう一度見直してください。上記の(1)~(3)をみて判定するとよいでしょう。

もし、(+)/(-)しか結果判定が出ていないときは再検査を受けて、抗体価をきちんと測りなおすべきです。
「ピロリ菌がいないと言われていたのに胃がんになった」という方を数人知っています。実はピロリ菌がいたのに、身体の反応が鈍くて抗体価が低く出ていただけかも……。

とはいえ、あまり心配しすぎることはありません。
60歳台より上の世代は、8割~9割の人がピロリ菌(+)でした。
でも、そのうち胃がんになったのはごく一部だけなのです。

だから、心配になったらすぐ専門家に相談する。
そういう「癖」を身につけておくと安心ですね。

「アニサキス」にご用心!

刺身「アニサキス」という寄生虫をご存知ですか?

「夕食に活きのいいシメサバを食べたら、
 夜中から急にお腹が痛くなって救急車を呼んだ」
「みんなで寿司屋に行ったら、夜遅くに、
 ゲーゲー吐いて腹痛がひどく朝まで苦しんだ」

 こんな経験はないでしょうか?
 これは胃の中に、アニサキスが突き刺さって起きる
 激しい「急性胃炎」のためかもしれません。

 私たちのクリニックでも、この三ヶ月の間に、
 三人の「胃アニサキス症」の方を治療しました。
 参考までに、ご紹介いたします。

・当クリニックで治療した「アニサキス症」

(1)36歳の男性

 海釣りでサバを釣り上げ、シメサバにして食べた。
 夜中の2時から激しい胃痛と嘔吐をくり返した。
 会社で紹介されて受診。そのまま内視鏡を施行。

 胃の真ん中(胃角部大弯)に、2センチ長のアニサキス。
 粘膜に頭を突っ込んだ部分は、黒い出血と発赤あり。
 生検鉗子(かんし)を用いて頭部の粘膜ごと除去。 (写真1)

写真1

写真1

(2)65歳の男性

 会社の部下たちと、寿司屋で飲み食いした。
 夜中から腹痛と吐き気あり。朝ひどくなった。
 近くの医院から紹介され、緊急内視鏡を実施。

 胃の奥の方(前庭部大弯)に、15ミリ長のアニサキス。
 頭の刺入部には少量の黒い出血あり。
 鉗子で頭部から除去した。 (写真2)

写真2

写真2

(写真2)

(3)40歳、男性

 朝食にサシミを食べた。10時頃から強い胃の痛み。
 近くの医者で「アニサキス?」と言われて受診。
 ただちに、胃の内視鏡検査を行った。

 胃の上の方(胃体上部大弯)に17ミリのアニサキス虫体。
 刺入部の周りは強い発赤とひだの腫脹あり。
 生検鉗子で頭部近くの粘膜ごと摘除した。 (写真3)

写真3

写真3


 いかがでしょうか?

「そういえば、前にそんなことがあったけれど、
 2週間後の胃の検査では、問題ないと言われたなあ」
 という方もいらっしゃると思います。
 その理由についてご説明しましょう。

・診断と治療のポイント

「アニサキス」の診断と治療には、三つのポイントがあります。

(1)生の魚を食べて数時間後の「吐き気」や「腹痛」
 上記の例でも分かるように、「シメサバ」「スシ」「サシミ」を
 食べてから数時間後の、強い「嘔吐」「腹痛」が特徴です。

(2)「緊急の内視鏡」が役に立ちます!
 アニサキスは、人の胃の中では3日くらいしか生きられません。
 1-2週間あとで内視鏡検査を受けても「異常なし」なのです。
 痛みが強い時、すぐに「緊急内視鏡」を受ければ診断がつきます。

(3)治療は「アニサキス」を取り除くこと。
 内視鏡で、アニサキスをきれいに取り除いてしまえば、
 痛みや吐き気は、すみやかに治まってくるのが普通です。
 上記の方たちも、1-2時間で症状がほとんど治まりました。

・すぐに「内視鏡」を受けましょう

 アニサキスは日本近海160種類くらいの魚で見られます。
 問題になる幼虫は、魚の腸の中でしか生きられません。

 釣り上げた活きの良い魚をシメたり、さばいたりする時に、
 魚の筋肉(人が食べる部分)に逃げ込むことがあるのです。

「アニサキスが胃に咬みついているので、あんなに痛いの?」
 と尋ねる人がいますが、そうではありません。

「アニサキス症」は、胃の粘膜のアレルギー反応。
 急激に起きた、「胃のじんましん」のようなものです。

 だから、最初に食べた時は、まったく痛みや吐き気はなく、
 二度目に「また来た!」という過敏反応が起きているのです。

 内視鏡検査では、細長い、白いアニサキス幼虫を見逃さない
 ことが大切。食べ物のかすと区別がつきにくいことがあります。

 アニサキスを除去するときは、尻尾を引っ張っるのは「×」。
 頭の部分が胃に残ると、アレルギー反応が改善しません。

 必ず、突き刺さっている頭を、まわりの粘膜ごと、きちんと
 ていねいに取り除くことが重要なのです。

「緊急の内視鏡検査ができる施設にすぐ行くこと」
「アニサキスの内視鏡除去は、きちんとていねいに」
ということが、とても大切なわけですね。

・お寿司やサシミを美味しく食べるために

 アニサキス症に絶対ならない方法というのはありません。
 ただ、活きのいいお魚を食べる時の心がけはいくつかあります。

 まずは「プロの料理人」の包丁さばきの方が「安全」です。
 自分でサバをシメるのは楽しいけれど、危険もともないます。

 一番安全なのは、「煮る」「焼く」「冷凍する」なのですが、
 せっかくの「おいしさ」がそこなわれるのは残念ですね。

 あとは「よく噛んで食べること」。効果はあると言います。

 それでもお腹が痛くなった方は、ただちに内視鏡を!
当院でよければ、すぐにご連絡ください。

<アニサキスにまつわるエピソード>

・以前、俳優の森繁久弥さんが「アニサキスによる腸閉塞」で
 手術を受けて話題になりました。胃から小腸に流れていった
 アニサキスが、腸の壁で反応を起こしてしまったのでしょう。

・アニサキスが胃がんの周りに集まるという現象が最近になって
 発見されました。アニサキスに似た「線虫」を用いて、尿検査で
 がんを発見するという研究が進んでいます。興味深い話ですね。

「花粉症」の季節が到来しました。

kafun
「鼻水が止まりません。何とかならないでしょうか?」
「目がかゆくて、仕事に集中できず困っています」
「眠くならない薬で、花粉症によく聞く薬は?」
等々、花粉症についてのご相談も増えています。

当院は消化器内科が中心のクリニックですが、院長は内科の認定医でもあり、
風邪や花粉症の相談にも、いつでも気軽に対応しております。

来院される方に対するアドバイスとしては、

・風邪か花粉症か、わからなければまず相談。
・花粉症の薬は「早め」に開始した方が効果が大きい。
・「眠気」か「効果」どちらを重視するタイプ?

といったところでしょうか?

ちなみに「風邪」と「花粉症」を見分けるには、

・目がかゆいのなら、花粉症の可能性が高い。
・鼻水がサラサラで透明なら、花粉症っぽい。
・のどの痛みや熱があれば、まずは風邪を疑う。

という感じで、お薬を使い分けています。

では「花粉症の薬」の「定番」について。
日経ヘルス&メディカルが、2014年春に行なった「医者が自分に処方する花粉症の薬」
というアンケート結果からご紹介します。

【花粉症になった医者が、自分に処方する薬】

・第1位は「アレグラ(フェキソフェナジン)」。
理由は「眠気が少ないから」
・第2位は「ザイザル(レボセリチジン)。
理由は「眠いが効くから」
・第3位は「アレロック(オロパタジン)」。
理由はザイザルと同じく「眠いけれど効くから」

という結果でした。

これらは「第二世代抗ヒスタミン薬」という種類の薬。
その他、鼻づまりには「ロイコトリエン受容体拮抗薬」、あるいは点鼻薬、点眼薬などを併用して処方しています。

今年はスギ花粉症に対する「舌下免疫療法」なども注目されていますが、まずは当面の症状の対策が先決。
花粉症が気になる方も、お気軽にご相談ください。