本文へスキップ

痛くない楽な内視鏡検査 | 消化器内科の新橋内視鏡クリニック(虎ノ門・霞が関・内幸町)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6257-1957

〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-8 須田ビル1F アクセス
スマホ版サイト
      

いつでもできる、痛みがなくできる内視鏡検査をめざして

  • 「おなかが急に痛くなりました。今すぐ胃カメラで見てもらえますか?」
  • 「健康診断の便の検査でひっかかりました。予約はすぐできますか?」
  • 「以前受けたカメラはとても苦しかった。ここでは楽にできますか?」

こうした問い合わせのお電話をいただくことがよくあります。
「胃カメラ」や「大腸ファイバー」など、内視鏡検査はとても大事な検査です。

でも、
 「大学病院だと予約まで1ヶ月近く待たされる」
 「件数が多いからと、のどの麻酔だけで検査がとても苦しかった」
 「仕事で毎日忙しい。検査だけで1日つぶれるのは困る」

などの声を聞くことも、実際のところ多いのです。
そういう意味では、ハードルの高い検査でもありました。

そこで、当院では次のようにして、その悩みにお応えしています。

(1)「すぐにできる」内視鏡検査

予約でお待たせする時間をできるだけ短くしています。
梅谷院長がいる時間帯で、ほかの方の予約が入っていなければ、
数日以内に内視鏡検査を受けることができます。
ご自身のご都合にあわせて、数ヶ月先までの予約でも可能です。

緊急でのご希望にもできるだけお応えしています。
急な腹痛や下血での緊急検査には、その場で対応しています。

まずはお気軽にお電話ください。

(2)「楽にできる」内視鏡検査

当院・梅谷院長自身も実は、内視鏡を受けるのが「大の苦手」でした。
目の前にファイバーが迫ってきただけでオエッとなります。
そこで、いろいろ苦労しながら「自分が楽に飲める」検査法を開発しました。
それが、「軽い麻酔」と「丁寧な内視鏡操作」による検査の手技

検査の前に軽い麻酔をすることで、数分間眠っていただきます。
検査が終わって20分ほど休んでいただければ、歩いて帰れます。

「検査はまだやらないの?」
「いえ、もう終わっています」
「こんなに楽な検査なら、何度受けても大丈夫だね」

こんなやりとりが、ごく普通に行なわれるようになりました。

内視鏡の操作にも、さまざまな工夫をしています。
胃カメラなら「のどの通過」、大腸なら「曲がり角の操作」を
そっと丁寧に行なうことで安全で苦痛のない検査を心がけています。

(3)「いつでもできる」内視鏡検査

クリニックのある新橋は、ビジネスマンの街です。
検査を受けたくても、時間の都合が難しい方も多い。

だから、クリニックの開いている朝10時から、夜の7時まで、
昼休み以外のどの時間帯でも検査ができるようにしています。

朝10時に検査を受けて、すぐ出勤される方もいらっしゃいます。
仕事が終わって、夜の7時に検査を受けてそのまま帰宅される方も。

大腸の内視鏡は、事前の準備から4時間で検査ができるようになります。
自宅で下剤を飲んで、10時に検査を受けることもできますし、
クリニックで薬を飲んで、夕方検査を受けることも可能です。

できるかぎり、患者さまのご都合にあわせた検査を心がけています。 

胃や大腸は、ポリープやがんなど「痛みのない病気」が
よく見つかる場所。だから、内視鏡がとても役に立ちます。


どうぞ、いつでもお気軽にお電話かメールでご連絡ください。
スタッフ一同、皆様のお役に立てることを心より願っております。